燕市 S様邸 ココ暖リフォーム

大きくなった子供たちのために、今まで使っていなかった部屋を子供部屋にしたいです。子供たちの過ごしやすい部屋にリフォームしてください。(S様より)
トップ画像
事例

 施工事例データ

施工箇所 リビング、キッチン
施工内容 ココ暖リフォーム
工事期間 2ヶ月
工事費用 \9,760,000円(室内工事費と消費税込み)
※外壁工事と家具工事は別途

ご提案内容 弊社のお客様のお母様のご自宅が「無垢ケヤキのフローリングのため、冬寒いのでどうにかしたい」とのご相談でした。
立派なフローリングはそのまま活かし、多く過ごす茶の間を部分断熱改修する「ココ暖」を提案しました。
施工前はこちら

既存の壁は、糸状の繊維をのりで練ったものを塗った「繊維壁」でした。天井も、壁と同様の仕上げでした。 子供部屋にするお部屋は2つあり、片方は洋室でした。 繊維壁の欠点は耐久性です。衣服で擦ってボロボロ落ちてきた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
出窓になっている2連の窓サッシ。窓の左には押し入れが見えます。 もう一方のお部屋は、畳敷きの和室でした。鴨居や長押(なげし)の高さは1800mmでした。 施工前に、お客様がイメージしやすいよう、「建築パース」を使ってリフォームプランをご提案しました。

施工中の様子

まずは解体です。柱まわりの細かい部分は、手で丁寧に落として、繊維壁が残らないようにします。 部屋を仕切っていた間仕切り壁を撤去して、躯体を残すだけになりました。 今回は、保温と防音を兼ねて間仕切り壁にも断熱材を施工します(通常は、外部に接する壁だけに施工します)。
断熱加工に使用したのは、高性能健康断熱材・パーフェクトバリアです。きっちり隙間なく充填しました。 左官工事の様子です。窓枠を上塗りしています。「上塗り」とは、仕上げとなる塗りのことで、職人さんの腕の見せ所です。 和室だった子供部屋は、既存の出窓をそのまま活かしました。集成板で新調した窓台を塗装して仕上げます。

施工が完了しました

リフォーム後はホワイトの天井に、ごく薄いブルーの壁。さわやかな配色です。 どちらの部屋も、床は20mm厚の無垢レッドウッド材でできています。既存の窓を活かしつつ、樹脂製の内窓を取り付けて断熱性・気密性を向上させています。
柔らかな肌触りの無垢フロアは、自然と座ったり寝転びたくなります。ご家族で集まって談笑されている様子を撮らせていただきました。

担当者の声

代表写真S様、この度はリフォームをご依頼いただき誠にありがとうございました。最初に伺った時に同じ高校出身ということも分かり、何とかお役に立ちたいと思って「お子様たちが過ごしやすい空間に」という自然素材リフォームを提案いたしました。完成後もとても喜んでいただけて、本当に感謝しております。このご縁を大事にし、長くお付き合いをさせていただきたいと思っております。S様、今後ともよろしくお願いいたします。


三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条のリフォームならフォレストスタジオ 三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ