古い浴室折戸の交換って、できるの???


「浴室折戸の開け閉めがスムーズにいかない」、「浴室のドアを取り替えたい」などの相談が多くなっています。  折戸であれ、ドアであれ、ハンドル取手が壊れたり、接続金具部分が金属疲労を起こしたり、消耗している場合がほとんどです。  ハンドル取手の破損  ☆R0025443  接続金具部分の不具合 ☆R0026007  レール部分のガタつき ☆R0026003    扉だけの交換であれば簡単なリフォームで済むのですが、枠ごとの交換が必要な場合、タイル貼りの浴室はタイルを傷めてしまうことがあります。  また、交換する商品の在庫があれば、ユニットバスの浴室折戸・ドアの交換は手間はかかりませんが、15年以上使用している場合、交換しなければならない商品自体が生産中止になっていて、在庫がない場合もあります。     ユニットバスのメーカーがわからなくて、どのメーカーに頼んでよいかわからない場合もありますね。これは、中古住宅を購入された方は経験あるかもしれません。  このような場合、浴室全体をリフォームしなければならないと思っていたり、「交換する部品がないなら、しょうがない」と、諦めて我慢している人も多いのではないでしょうか?  待ってください!安心してください!(ちゃんと履いています ではないですが (笑))     既存のドア、折戸の枠を活かして、新しいものを取り付けることができるのです。    方法はいたって簡単です。    ①既存の扉を外す  ②残った枠に、新たに枠、もしくはアタッチメントを設置する  ③新しい扉を取り付ける  たったこれだけなんです。 ☆R0025980 ☆R0026113  これで、取手が壊れていて開け閉めしにくかったドアも、レール部分がガタついたり、取り付け部分が壊れていてスムーズに動かなかった折戸でも、ストレスなく浴室に出入りできるようになります。  ただ、少しだけ注意することがあります。    それは、今までの枠の内側に、新しい枠やアタッチメントをまわすので、その分有効開口、つまり実際の内寸の高さと幅が狭くなってしまうことです。  しかし、出入りに影響するような違いではありませんので、ご安心を。  枠が内側に少しだけ「ふけて」きます。 ※ふけるとは、年を取ることではありません(笑) 出っ張ってくることです ☆R0025997  
わずかながら敷居に段差もできます。でも、思ったほどではありませんよね。
☆R0025998  
折戸の場合も、ほんのわずか内側に出ました。 皆さん、わかりますか?
☆R0026120  
浴室入口は、水掛かりが常で傷みやすい箇所であるのですが、浴室折戸・ドアは比較的簡単にリフォームできます。  工期は、2時間~半日程度で完了します。(もちろん現場の状況によりますが)  「わが家も困っている」という方は、お気軽にフォレストスタジオまでお気軽にご連絡下さい。 


なぜ「ココ暖」が必要なの?


フォレストスタジオのモットーは、「新潟の家を暖かく変える!です。

 新潟の築20年以上の住宅は、朝起きたときにとても寒く、浴室・脱衣室・トイレ・寝室は常に気温が低い状態だと思います。
 「そんなの慣れてるし、寒かったら厚着すればいいよ。」と言う人も多いでしょう。でも、そう感じるのは50歳未満の人ではないでしょうか?
 私もまだ40代後半でへっちゃらと思っていますが、冬の寒い浴室に入ると、キュッと体全体が縮こまるのを実感するようになりました。
寒い浴室
 実は「家」はとても危ない場所なんです。
 平成18年のデータですが、1年間で12,152人が家の中でなくなっています。対して交通事故の死者は6,352人です。平成21年には交通事故の死者数は4,914人と更に減っているのです。(厚労省、警視庁統計資料)
 平成26年には家の中でも入浴中に心臓に負担がかかり風呂場で溺れて死亡した人は、全国で4,866人にもなっていて、10年前の1.7倍に増えています。そのほとんどが55歳以上です。
 これは、寒い脱衣室から熱い風呂に入った時に、急激な温度差が血圧が激しく上下して心臓に負担がかかったり、脳出血を起こしてしまいます。
 または、血圧上昇しているのに、熱い風呂で血管が拡張し血圧が急低下して溺れてしまう。
 寒いトイレでいきんでも、血圧が急上昇します。
 これが「ヒートショック」です。
ヒートショック
 ヒートショックは、脱衣室と浴室、居間とトイレなどの大きな温度差が発生しやすい時期の12月~3月の冬場が特に多くなっています。
月別死亡
 
 じゃあ、一番寒い北海道でヒートショックが多いのか??
 いいえ、違います。
 北海道は寒さに備えて住宅の断熱性能を上げているから、少ないのです。北海道に比べると寒さが厳しくない香川県、兵庫県、滋賀県など比較的温暖と思われる県がワースト3です。
ヒートショック県別
 「そんなに寒くないから大丈夫」という油断がヒートショックを招いているんです。
  家の中だからと安心しているから、余計に家の中が危険!という矛盾です。
  
  平均寿命は男女とも伸びましたが、健康寿命(日常生活の制限なく過ごせる状態)はどうかというと、
 男性は平均寿命の▲9.13年、女性は▲12.68年だそうです。
健康寿命_ページ_1
 
 これでは天寿を全うしているとは言いがたいと思いませんか?できれば、最後まで健やかでいたいと思います。
 
 徒然草で吉田兼好は、「住まいは夏をむねとすべし」と言いましたが、現代は「冬をむねとすべし」なのです。それだけ、家の中では冬のリスクが大きいのです。
 ヒートショックで心臓に負担をかけてはいけません。ましてや脳疾患を起こして寝たきりになったり、亡くなってはいけません。家の中がとても危険というのはNGです。
 この事実を自分の周りから改善したいと強く想い、私は2011年に断熱改修の「ココ暖」リフォームに力を入れ始め、現在も精力的に推進しています。
 主たる生活空間であるLDK、浴室、脱衣室、トイレを断熱改修して、冬でも寒さや大きな温度差を気にすることなく快適にリフォームするのです。
 家全体を断熱改修するフルリノベーションの方がいいのではないか?と思う人も当然います。
 私もフルリノベーションが一番良いと考えています。フルリノベーションすれば、家の中での温度差がある場所がほとんどなくなるからです。
 じゃあ、なぜ部分的に断熱改修する「ココ暖」なのか?
 フルリノベーションすると、同等の新築住宅の2/3程度の予算が必要です。つまり、2000万円の家なら、約1300万円~1400万円かかります。
 そんなにお金出せないよ、でもその半分くらいならなんとかなるかも、という人も実際多いです。
  田舎は住宅の規模が大きいけど、住んでいる家族構成が変わって使ってない部屋が多いじゃないですか。そこまで断熱改修する必要はないと思っています。
 可能な予算内をおさめ、「ココ暖」で快適にリフォームした住まいで、健康で生き生きと過ごしてほしいというのが、私の願いです。
 ファンヒーターやコタツのなどの暖房器具のそばだけの活動範囲を部屋全体に広げることによって、冬の住まいでも活発に動けて健康を維持して、家族の和やかな団欒を続けてほしいと願いながら、今後も全力で「ココ暖」リフォームを推進していきます

ホームページでも違った角度から説明あります
 ・ココ暖リフォームについて
 ・ココ暖施工事例
336-280.jpg 
ココ暖リフォーム事例
ココ暖事例
 
 
  


住宅ストック循環支援事業【エコリフォーム】編


リフォームに対する新しい補助金制度
住宅ストック循環支援事業】が
平成29年1月18日より交付申請がスタートしています。

補助金の予算総額は250億円です。
が、4月末現在で累計62億円弱となっております。

エコリフォームを考えている方、まだまだチャンスです。



ここで、住宅ストック循環支援事業【エコリフォーム】とはどういうものか、もう一度おさらいしましょう。
対象となる工事は
 ①エコリフォーム
 ②既存住宅の購入
 ③エコ住宅への建替え
です。
 
去年あった住宅エコポイントとなんだか似ていますね。
ただし、少しづつ要件が変わっています。
大きな違いは、耐震性が確保されていることが必要になります。
また、既存住宅の購入に限っては、40歳未満が購入する既存住宅
つまり中古住宅という年齢制限があります。
(わかりやすいように中古住宅と呼びますね)
国の狙いは、
若者に新築でなく、耐震性の確保された中古住宅を購入して
エコリフォームしてもらい、中古住宅の流通をもっと拡大して、
空き家問題が大きくなるのに歯止めをかけたい
ということでしょう。
今回のブログではエコリフォームから簡単に見てみましょう
エコリフォーム
 最大補助額 ¥30万円
       耐震改修を行う場合、¥45万円
 1.開口部の断熱改修 
  ・ガラス交換・・・一枚ガラスをより断熱性の高いペアガラスに交換する
  ・内窓設置 ・・・既存のサッシの内側に樹脂内窓を取り付ける
  ・外窓交換 ・・・サッシ自体を断熱性の高いサッシに交換または新設
  ・ドア交換 ・・・玄関や勝手口ドアを断熱性の高いドアに交換または新設
 2.外壁、屋根、天井または床の断熱改修(一定量以上の断熱材を仕様)
 3.設備エコ改修(3種類以上を設置)
  ・太陽熱利用システム(これは太陽光発電システムではありませんよ)
   屋根に太陽の熱を集める集熱器を置いてお湯を貯めるシステムです。
  ・高断熱浴槽
  ・節水型トイレ
  ・高効率給湯器・・・エコジョーズ、エコフィール、エコキュート、
            エコウィル、ハイブリッド給湯器
  ・節湯水栓  ・・・台所、洗面、浴室シャワー等
 上記の1~3のいずれか1つが必須で、補助額の合計が5万円以上です。
 わずかな工事だけではエコにならないので、
認めませんということでしょうか。
 1~3の工事をした上で、併せて以下の改修工事も対象になります。
  A.バリアフリー改修
  ・手すり設置、段差解消、廊下幅等を広げる
  B.エコ住宅設備(上記3を参照)の設置(1種類か2種類の設置)
  C.木造住宅の劣化対策(湿気を原因とする住宅の劣化を防ぐため)
  ・浴室・脱衣室・・・浴室をユニットバスにする
           (タイル浴室の目地の浸水防止)
            脱衣室を耐水性仕上げにする
  ・床下    ・・・土間コンクリートを打設
           (地面の湿気があがらないようにする)
            床下点検口を設置する
           (何かあったときすぐに点検できる)
  ・小屋裏   ・・・小屋裏換気口を設置(小屋裏の湿気対策)
            小屋裏点検口を設置(何かあったときすぐに点検できる)
  ・軸組・土台 ・・・防腐防蟻処理 
  D.耐震改修   ・・・昭和56年5月31日以前に確認済を取った
             住宅は必要になります。
  
  E.リフォーム瑕疵保険に加入
    エコリフォーム_ページ_2
 ただし、ここで引っかかってくるのが冒頭でお伝えした
 【耐震性を有することの確認】です。
  これは以下の方法で確認します。
 
  イ.昭和56年6月1日以降の建築確認済証
  ロ.昭和58年4月1日以降の登記事項証明書
  ハ.建築士が耐震性を有することを確認した証明書等
 熊本大地震もあり、最低限度の耐震基準を備えた住宅だけを
補助対象としています。国としては、耐震性を担保できない住宅は
減らしていきたいのでしょう。
 また、国の他の補助制度との併用はできません
 地域住宅グリーン化事業やスマートウェルネス等住宅推進事業などの
補助を受けた住宅はダメです。
 言い忘れましたが、施工事業者の登録が必要になっています。
 もちろん、フォレストスタジオは既に登録を済ませましたので、
「この補助金を是非利用したい!」という方は、
お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。
ちなみにYKK APさんのホームページでも、わかりやすく説明されていますので、ご参照下さい。
 
 
 
 


お役立ち情報


フォレストスタジオについて

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ