水道管の凍結を防ぐ、超簡単で確実な方法。

飯塚 幸博
  • 投稿日:2020年 2月 9日
  • テーマ:飯塚 幸博
  • 投稿者:飯塚 幸博

今年の新潟は雪がなくって助かるなぁ~と思ってた矢先、この寒波で雪でなくいきなり氷点下で水道管の凍結・破裂・水漏れ事案が発生してます。

水道管の凍結を防ぐには超簡単で確実な方法があります。

氷点下になりそうな夜は、お風呂場とか洗面台とか台所 どこでも良いので1箇所、
蛇口からチョロチョロ(直径5mm程度)と水を出しておく!!

これだけです。

動いてる水は凍りません。\(^o^)/

(イラストは出しすぎです、チョロチョロ直径5ミリでお願いします。)







凍結により、水道管が破裂し水漏れした時の対処法は・・・

①まずは、家の水道メーターを止めてください。だいたい、道路側にある「水量計」と書かれた青い蓋をあけると、中にメーターがついてます、そのコックを締めます。(その間、家の中の水道は全部使えなくなりますので、バケツなどに水を貯めておきます。)



②業者に連絡。調査・応急処置をしてもらう。(破裂した部分を切断し止水してもらい、他の生かせる水道管でキッチンやお風呂などを使えるようにしていただく)

③見積をしてもらい、修理工事日を決めて修理してもらう。
・・・という流れです。

外部水栓など急がない、我慢できる蛇口であれば、後日、知り合いや、地元の設備屋さんに連絡して、見積をもらってから直してもらうと良いと思います。

慌てて頼んだ、知らない緊急対応の業者さんの中には、それなりの割増しが付くこともあると思います。

ちなみに、冬場はお風呂の浴槽の水は入れたままにしておいて下さい。給湯器のリモコンのスイッチを入れておくと夜間も自動で気温(水温)を察知して循環運転して給湯器内の凍結を予防してくれます。

ぜひ、ご家族、ご実家、お友達に教えてあげてください。



お役立ち情報


フォレストスタジオについて

  • お見積もり
  • お電話
LINE見積もり
採用情報