3.木工事 無垢素材と健康断熱材のリビングダイニングキッチン&浴室リフォーム

2.解体工事 一覧へ 4.電気工事

3-1【透湿防水シート】 3-2【下げ振り】 3-3【大引】
写真・防水シート養生 写真・柱の垂直出し 写真・大引水平出し

解体した外壁に透湿防水シートを張って雨水の侵入を防ぎます。

柱が垂直か確認するには、下げ振りを垂らします。柱の上下で下げ振りとの間隔が同じならば垂直が出ています。

大引(おおびき・床土台の間に架ける部材)も、新しく入れ替えます。こちらの水平もきっちり測ります。

3-4【間柱】 3-5【現場打ち合わせ】 3-6【床下地】
写真・間柱取り付け 写真・施工担当者とN様ご夫妻 写真・床下地の様子

間柱(まばしら・壁の下地となる柱)を施工します。

お施主であるN様ご夫婦にも立ち会っていただき、業者さんと現場打ち合わせをします。

床の下地となる大引と根太の施工が完了しました。大引は根太を、根太は床板を支えます。

3-7【天井補強】 3-8【気流止め】 3-9【壁断熱】
写真・一階天井の補強 写真・気流止めによる断熱 写真・壁の気密シート

一階の天井には、補強のために米松(ベイマツ)の梁を追加します。

土台と柱・間柱の隙間にはパーフェクトバリアを充填し、木材で埋めます。冷気の侵入を防ぐ「気流止め」です。

壁も気密断熱化します。パーフェクトバリアを充填して気密シートを張り、ブチルテープで隙間をふさぎました。

3-10【床断熱1】 3-11【床断熱2】 3-12【床断熱3】
写真・スタイロエース 写真・スタイロエースの厚さは65ミリ 写真・床の気密シート

床下の断熱材には、次世代省エネ基準に対応しているスタイロエースを使用します。

スタイロエースは、高密度の押出発泡ポリスチレンフォーム材です。65mmもの厚さがあります。

スタイロエースを充填したら気密シートを張り、床下地となる合板を施工します。

3-13【浴室断熱1】 3-14【浴室断熱2】 3-15【LDK壁】
写真・浴室の壁1 写真・浴室の壁2 写真・パイン無垢材の壁羽目板

浴室の壁面です。ここにもパーフェクトバリアを充填します。

透湿性に優れカビないパーフェクトバリアは、水まわりの断熱にも適しています。

リビングダイニングキッチンの壁にはパイン無垢材の羽目板を張り、優しい雰囲気を出します。

3-16【収納建具】 3-17【デスク】 3-18【カップボード】
写真・建具取り付けの様子 写真・パイン無垢材のデスク 写真・キッチンのカップボード

収納建具を取り付けます。こちらもパイン無垢材です。

ユーティリティスペースにはパイン無垢材のデスクを。無駄な隙間ができないよう、ミリ単位で製作します。

カップボードは、N様が大型家具店で購入されたものです。

透湿防水シート 動画 大引 動画

外部に透湿シートを施工しています。外壁材を張る前に必要です。

床下の大引きを施工しています。リフォーム現場特有の、床の傾斜な­どを調整しながら作業します。

間柱 動画 間仕切壁 動画

間柱を施工しています。真壁を大壁にするための下地です。真壁(しんかべ)は柱が露出する壁、大壁(おおかべ)は柱が露出しない壁のことです。

間仕切壁の下地を施工しています。

2.解体工事 一覧へ 4.電気工事

採用情報