1.現場調査・ご提案 自然素材たっぷりの子供部屋リフォーム

一覧へ 2.解体工事

1-1【子供部屋A・入口】 1-2【子供部屋A・窓】 1-3【子供部屋B・入口】
写真・洋室入口側 写真・洋室窓側 写真・和室入口側

まず子供部屋Aから見ていきましょう。こちらは洋室です。

壁は、糸状の繊維をのりで練ったものを塗った「繊維壁」です。天井も、壁と同様の仕上げです。

子供部屋Bは、畳敷きの和室です。鴨居や長押(なげし)の高さは1800mmでした。

1-4【子供部屋B・窓】 1-5【子供部屋B・天井】 1-6【繊維壁の拡大】
写真・和室窓側 写真・和室天井 写真・繊維壁の拡大

出窓になっている2連の窓サッシ。窓の左には押し入れが見えます。

竿縁(さおぶち)のある、典型的な和室天井です。竿縁とは、天井板を支える細い材のことです。

繊維壁の欠点は耐久性です。衣服で擦ってボロボロ落ちてきた経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは?

1-7【納戸】 1-8【鳥瞰図パース】 1-9【室内パース】
写真・納戸 画像・真上から見た建築パース 画像・室内の建築パース

子供部屋Aの隣は納戸になっていますが、あまり利用されていなかったようです。

お客様がイメージしやすいよう、「建築パース」を使ってリフォームプランをご提案します。

パースCGをご覧いただくことで、床・天井・壁の色なども決めやすくなります。

一覧へ 2.解体工事

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ
採用情報