2.解体工事 自然素材たっぷりの子供部屋リフォーム

 
1.現場調査・ご提案 一覧へ 3.木工事

 

  2-1【畳の撤去】   2-2【荒床の養生】   2-3【建具の撤去】
写真・畳の運び出し 写真・養生シートを敷く 写真・引き戸の撤去後
 

子供部屋Bは和室なので、まず畳の処分から始めます。畳はかなりの重量があるんですよ。

 

「荒床(あらゆか)」は、畳の下地のことです。養生シートを敷いて、杉の無垢板を保護します。

 

子供部屋Bの入り口の「引き違い戸」も撤去します。

           
  2-4【繊維壁の解体1】   2-5【繊維壁の解体2】   2-6【繊維壁の解体3】
写真・繊維壁に穴を開ける 写真・繊維壁の剥がし中 写真・柱の周囲をチェック中
 

繊維壁を剥がします。壁の一部に穴を開けて、そこを手がかりに作業していきます。

 

穴を広げたら、効率よくバリバリと剥がして作業を進めます。繊維壁は割と簡単に剥がせます。

 

柱まわりの細かい部分は、手で丁寧に落として、繊維壁が残らないようにします。

           
  2-7【間仕切り壁の撤去】   2-8【天井の解体】    
写真・間仕切り壁の撤去後 写真・天井板の撤去後    
 

部屋を仕切っていた間仕切り壁も撤去して、躯体を残すだけになりました。

 

天井を解体すると、太くて丈夫な梁が現れました。しっかりした骨組みなので、今後も安心ですね。

 

 

           
1.現場調査・ご提案 一覧へ 3.木工事

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ
採用情報