1.現場調査 ココ暖 古民家風の断熱改修リフォーム

 
  一覧へ 2.解体工事

 

  1-1【現場調査その1】   1-2【現場調査その2】   1-3【現場調査その3】
kws-sama-tei10.jpg kws-sama-tei05.jpg kws-sama-tei11.jpg
 

多くの時間を過ごすLDKが、冬場とても寒かったそうです。床にはじゅうたんが敷き詰めてあり、床からの冷たさをしのいでいらっしゃいました。
 なんでそんなに冷えるのかを尋ねると・・・

 

LDKと奥につながる廊下が、なんと無垢のケヤキ一枚板貼りで、厚みは15mm以上ありました。このケヤキ板は価値では相当たいそうなものです。

           
  1-4【現場調査その4】   1-5【現場調査その5】   1-6【現場調査その6】
kws-sama-tei03.jpg kws-sama-tei17.jpg kws-sama-tei04.jpg
 

玄関からLDKへの廊下も、もちろん無垢のケヤキ板貼りです。
 ケヤキ板は、堅木のため材の中に含まれる空気も少なく密度もあるため、肌触りが冷やっとします。しかし、それだけではありませんでした。

 

床下には断熱材が全く施工されていません。さらに床下の通気がよいために、乾燥していますが、冬場は冷気が多く入ってきています。これでは、床は冷えて寒いわけです。

 

DKと隣接する和室が、工事中に主にお過ごしになる場所になります。

           
  1-7【現場調査その7】   1-8【現場調査その8】   1-9【現場調査その9】
kws-sama-tei12.jpg kws-sama-tei21.jpg kws-sama-tei13.jpgのサムネール画像
 

まだまだ使用できるしっかりしたキッチンですが、今の生活の使い勝手に合わせるように入替えます。現在は窓側です。

 

板金職人さんが丁寧に作ったステンレスの大きなレンジフードです。残念ながらリフォーム後には使用できません(T_T)

 

背面には食器棚ですが、リフォーム後はどのようになるのでしょう?
 

           
  1-10【現場調査その10】   1-11【現場調査その11】   1-12【現場調査その12】
kws-sama-tei15.jpg kws-sama-tei16.jpg kws-sama-tei01.jpg
 

天井には、暖気を下に向けるシーリングファンや室内干しのための電動物干しがついていました。これでは、室内に湿気をこもらせてしまうので、どうにかしなければなりません。

 

天井上は、グラスウール100mmの断熱材が一重に乗っていました。これでは、夏には暑さが部屋に伝わり、冬には部屋の暖気が逃げるおそれが・・・

           
  1-13【現場調査その13】   1-14【現場調査その14】   1-15【現場調査その15】
kws-sama-tei14.jpg kws-sama-tei20.jpg kws-sama-tei02.jpg
 

ユーティリティ室ですが、ここを有効活用したいですね。

 

廊下の外の濡れ縁です。竹でできた良い品です。長い間お疲れ様でした。

 

外壁の塗装も経年劣化しておりましたので、全面的に塗装し直します。

           


  一覧へ 2.解体工事


採用情報