燕市小池I様 DKフローリング ココ暖リフォーム

 ダイニングキッチン床の表面が剥げ、傷みが目立つようになってきたので、キレイに貼り直したいとのご希望でした。(I様より)
IMG_3191.jpg
事例

 施工事例データ

施工箇所 DK
2階廊下
施工内容 既存フローリングの上に増し貼りリフォーム
工事期間 9日
工事費用 540,000円
使用商材 大建WPCフローリング
エクオスファイン
築年数

ご提案内容 フローリングは、傷付きにくく、キャスター対応である「大建WPCフロア」をご提案。さらにDKは「ココ暖」を提案し、床下に高性能断熱材「パーフェクトバリア」を施工、床下収納庫は気密断熱仕様に取り換えました。
施工前はこちら
201901-isamatei-shosai20.jpg 201901-isamatei-shosai25.jpg 201901-isamatei-shosai26.jpg
 ダイニングキッチンで、キャスター付きの椅子がある箇所に傷みがありました。  フローリングの表面が、経年劣化で剥がれています。  床が浮いて、ブワブワしている箇所もありましたが、そうでない箇所は、まだしっかりしています。

201901-isamatei-shosai15.jpg 201901-isamatei-shosai18.jpg 201901-isamatei-shosai19.jpg
 床下には断熱材は入っておらず、根太の上にフローリングが直貼りでした。(昔はこのような工法が多かったのです)  2階廊下も経年劣化によりフローリングの表面材が剥げています。表面のクリア塗装もかなり薄くなっています。


施工中の様子

201901-isamatei-shosai01.jpg 201901-isamatei-shosai02.jpg 201901-isamatei-shosai04.jpg
 ダイニングキッチンのフローリングを下地として利用します。ビスをかなり細かく打ち、「浮き」をなくし補修します。  補修した既存のフローリングの上から、12㎜厚のWPCフローリングを増し貼りします。
フローリングビスとウレタンボンドでの施工です。
 床下にもぐって、高性能断熱材「パーフェクトバリア」を根太間に充填します。グラスウールと違いチクチクしないので、施工しやすいのが特徴です!

施工が完了しました

IMG_3190.jpg IMG_3191.jpg
 システムキッチンは外さずに、フローリングを貼り終えました!  床下収納庫は新しく交換しました。

IMG_3067.jpg IMG_3103.jpg
 気密断熱仕様の床下収納庫です。フタの下に厚い断熱材を敷き込むことにより、床下の冷気がフローリングに伝わらないようなっています。  巾木も外さない状態でフローリング増し貼りし、隅の突き付け部分は、同系色のシールで隙間を施工します。これで、小さなごみは入りません。

IMG_3105.jpg IMG_3193.jpg
 キッチンまわりの隙間もシール施工します。  2階廊下は12㎜厚のフローリングではなく、リフォーム用6㎜厚のフローリングで仕上げました。

IMG_3194.jpg IMG_3195.jpg
 2階廊下の巾木まわりの隙間もシール施工です。  階段の上段框用の専用部材を使って、段差はすっきり納めました。



 I様は、前に浴室リフォームをさせていただいたご縁から声をかけていただきました。
 フローリングの増し貼り工事と、「ココ暖」リフォームの提案をしましたが、「せっかくなら暖かくしたい」と決めていただきました。
 I様、誠にありがとうございました。
 今後とも、よろしくお願いいたします。(担当:松永隆夫)

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ