• HOME
  • ココ暖日記

「ヒートショック」ってよく聞くけど・・・どうなるの?


こんにちは。お世話になっております。
 フォレストスタジオの松永です。


 季節が冬になると、「ヒートショック」という言葉をよく耳にしますね。
 また、寒い浴室・脱衣室やトイレと暖かいリビングとの温度差による「ヒートショック」で倒れてしまったという話をよく聞きます。



 東京都健康長寿医療センター研究所によると、ヒートショック関連で入浴中に死亡した数は年間17000人になるそうです。ちなみに、平成23年(2011年)の交通事故死者数は4663人ですから、4倍以上です。

   usp1_img05.jpg

 

では、「ヒートショック」で、どういうことが起きるのでしょうか?
事例を追って、簡単に説明します。




 ①暖かい部屋→寒い脱衣室・浴室へ移動
  室温が急激に下がるので、体温を調節するため、体がブルっとして熱を作ったり、血管を細くして皮膚の下に流れる血液量を減らし、体温を逃がさないようにします。血管が縮まるので、血液が流れにくくなり血圧が上昇します。




 ②寒い浴室→温かい浴槽に入る
  ところが、浴槽のお湯につかると、縮まっていた血管が拡張するので、急上昇した血圧が急激に下がります。
 
 i01.jpg

 

③温かい浴槽→寒い脱衣室へ移動
  温まった体温を逃がさないように、また血管が縮まり血圧が急上昇します。

 


 ①、③の血圧の急上昇は、高血圧、動脈硬化の高齢者では、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳出血を起こしやすくなります。

 ②の血圧の急降下により、めまいやふらつきを起こしたり、意識を失って転倒したり、浴槽で溺死したりすることがあります。

 


 ①の血圧急上昇の例は、暖かい部屋→寒いトイレの場合も同様です。

 トイレで便をしようとして、いきむと血圧が急上昇し、排便後は血圧が急低下するのです。

 15094517861.jpeg




 このように、室温の変化による、血圧の急上昇・急降下による身体への悪影響を「ヒートショック」といいます。


 以下に当てはまる人は、「ヒートショック」に注意が必要です。

 ・高齢者(65歳以上)
 ・狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞の病気をしたことがある。
 ・不整脈、高血圧、糖尿病を持っている
 

 

 住まいが以下のようである場合も注意が必要です。

 ・浴室・脱衣室・トイレが断熱されていなかったり、暖房設備がないため、冬に寒い。
 ・浴室がタイル張りの在来浴室で、冬に寒い。
 ・居室と浴室・脱衣室、トイレが離れていて、寒い廊下を通らなければならない時間が多い。

 fig_q3.gif


 フォレストスタジオでは、「ココ暖」という断熱リフォームを強く推進しています。
 ヒートショックが心配だな、という人はお気軽にお声掛けください。


新潟 燕三条で断熱リフォームならフォレストスタジオへ



給湯器の凍結防止策 2019 「やることは、たった2つだけ」

飯塚 幸博
  • 投稿日:2019年 1月18日
  • テーマ:飯塚 幸博
  • 投稿者:飯塚 幸博

お世話様です。フォレストスタジオのユキさんです。

今年の新潟は雪が少なくて助かっています。昨年は凄い大雪の年で気温も氷点下になる日が続き、いつもは凍結しない水道管が凍ってしまい、給湯器やトイレ、お風呂場のシャワー水栓などが凍結して水が出ない、給湯器が動かない状態で沢山のSOSをいただきました。

昨年の経験を踏まえて、今年もこの2つだけをしていただければ、水道管も給湯器も凍らずに済みます。


給湯器の凍結防止策

凍結しそうな夜に、行うことは2つだけ。

1.「蛇口チョロチョロ」給湯器のリモコンのスイッチを切って、お湯の蛇口(凍結すると壊れやすいシャワー水栓が良いと思います。)からチョロチョロ水を出しておく。

凍結防止1.jpg

注意点:リモコンのスイッチを切っておかないとずっとお湯を出してることになると危ない。ガス栓を閉めても良い。チョロチョロの水の太さは直径4ミリ程度が良いようです。少なすぎると凍ります、多すぎると勿体無いです。

水道管の中の水が動いていれば、凍りません。


2.浴槽の水を、穴の位置より(5センチくらい)多くなるように、水を貯めておく。

201212061825.png

※リモコンのスイッチを切っても、凍結防止運転を給湯器が自動で行います。




なんと!? この2つだけです。

自分が子供の頃は、古い家でしたので水道管の保温が悪く、冬は夜寝る前に水をチョロチョロ出していた記憶があります。 昔を思い出して躊躇なくお試しください。


こんな簡単なことで、給湯器・水道管の凍結を防止できます。氷点下になりそうな夜には、ぜひ実践しください。

万が一、凍結してしまった時の対応策は、コチラの過去記事をご参照ください。

消費税 増税予定の2019年にあたって

飯塚 幸博
  • 投稿日:2019年 1月 8日
  • テーマ:飯塚 幸博
  • 投稿者:飯塚 幸博

謹賀新年 本年もよろしくお願い致します。

今年2019年は消費税が10月に8%から10%に引き上げられる予定ですね。2%と言ってもリフォームや新築となりますと大きな金額になってしまいます。

しかも、増税の2%だけでなく、駆け込み需要による建築材料の品不足による高騰や、職人さん不足で割高な工事を余儀なくされるのは増税率以上に大変もったいないことになります。2014年4月に5%から8%へ消費税増税された時は、建材がない、職人さんがいないとパニック状態に陥りました。

そこで弊社ホームページでは、消費税の増税とリフォーム建築工事に関する情報をまとめたページを作らせていただきましたので、今年2019年にリフォームを考えられてる方はぜひ、ご一読下さい。

tax_bnr_pc.jpg

新築、リフォームに関する消費税増税対策のポイントをまとめますと「2019年3月31日までに契約」すれば、増税後の10月1日以降の工事完了、お引き渡しでも消費税は8%のままで大丈夫なんです。(経過処置適用条例と言います。)

2019年4月以降の契約に関しては、2019年9月末までに工事完了、お引渡し出来なければ消費税率は10%になってしまいます。

つまり、今年の4月以降から9月末までは駆け込み需要のピークになると思われます。

余裕のある1月、2月のうちにご相談いただければ3月末までのご契約で、ピークを避けた工事の対応が可能になるかと思います。

特に新築や大規模リフォームをお考えの方は、ぜひ参考になさっていただけると良いかと思います。



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お役立ち情報


フォレストスタジオについて

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ
採用情報