知ってますか?トイレ便座は瞬間式と貯湯式。その違いは?

小海 誠
  • 投稿日:2017年 7月18日
  • テーマ:小海 誠
  • 投稿者:小海 誠

お世話様です。リフォーム事業部の小海です。メッキリと暑い季節に変わりました。真夏日の中皆様体調はいかがでしょうか?トイレの便座も温かい時期になり役目は一段落した感じがします。キンキンに冷えた便座は開発されてませんが...。(冷房便座出ないかな~)
今回は便座の特徴についてのお話です。日本の便座は世界でも優秀でグレードによって金額の差異はありますがウォシュレットが一般的に標準装備されています。便座のタイプは大きく分けて瞬間式と貯湯式の2タイプあります。


便座1.png 変換 ~ 便座2.jpg

本体価格は値を張りますが常に保温された状態で世帯の多いご家庭でもウォシュレットの湯切れする心配も滅多にありません。水を瞬間的にヒーターで温める機能がある為です。貯湯タンクが無いので見た目もスッキリしています。それにグレードはあるもののリモコンが壁掛型の商品が多い様です。リモコンのボタン一つで便器を洗浄出来る等多機能なタイプもあります。消費電力もエコの時代となりまして機種にもよりますが年間約¥2,000円弱節電できる製品もあります。湯切れ、ウォシュレットの温水低下(連続使用により温水低下が発生する場合があります)の心配も無く多機能な瞬間式温水便座はおススメです。


変換 ~ 便座3.jpg変換 ~ 便座4.jpg




瞬間式と比べて安価です。便座本体のタンクにお湯を貯めて保温します。ひとり暮らし、ご高齢の方々には安値でシンプル、手元に機能ボタンがあるタイプが流通量も多く扱い易い商品です。年間消費電力は約¥4,000円弱節電できる様です。しかし、瞬間式と違い便座本体のタンクから水を温めて溜めるタイプですのでウォシュレットの許容量が多いと湯切り状態となります。又、水を溜めてから温水保温状態が間に合わず水温が下がり冷たく感じる事があります。その為設定した温度になる迄時間を要します。
それでも機能はシンプルですがお値段以上に充分補う仕様になっております。



機能重視、世帯の多いご家庭なら瞬間式!  標準機能、ひとり暮らし、賃貸住宅なら貯湯式!

便座に限らずトイレ一式交換の事ならフォレストスタジオにお問い合わせ下さい。


aa012adc-s.jpg



お役立ち情報


フォレストスタジオについて

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ