続・蜜蝋ワックスの作り方

小海 誠
  • 投稿日:2017年 8月18日
  • テーマ:小海 誠
  • 投稿者:小海 誠

お世話様です。リフォーム事業部の小海です。猛暑にクタクタ、豪雨にヒヤヒヤ、皆様体調はいかがでしょうか?
夏の暑さもまだ残る時期、共に乗越えていきましょう~。 
今回は以前我社のユキさんが作成しました蜜蝋ワックス。無垢フローリングを使ったリフォームも数件いただきまして自社作成の蜜蝋ワックスも残り少なくなりました。
今回は小海がほんの少しですが改良?(試作ですが...)作ってみました。

変換 ~ DSCN0052.jpg

揃えるもの
1.蜜蝋ビーズ(ビーズ状になった物が溶けやすく簡単に作れそうです。)
 精製されていない黄色い物。今回は220ℊ。(以前は180ℊ)
 
2.荏胡麻(えごま)油 1.8ℓ

3.雪平鍋(2ℓ入る物)

4.タッパ (プラ製 フタ有り)

5.お玉 (以前はお玉が無く溢したそうで...)

6.アロマオイル(無くても結構ですが香り付けを楽しみたい方はどうぞ!)


作り方
1.鍋に荏胡麻油1.8ℓを入れコンロで温める。(中火で6分くらいで熱くなりました。)

変換 ~ DSCN0058.jpg

2.温めた鍋に蜜蝋ビーズを220gを注ぐ。
 以前は180ℊでした。室内温度が高い部屋、車内ですとトロトロになりまして...。今回は濃度を増してみました。
 火元、火傷には注意して下さい。(自己責任でお願いいたします。)

変換 ~ DSCN0059.jpg

3.蜜蝋ビーズが溶け始めこれからタッパに流します。
 お玉で掬い溢さずタッパに注入します。(火傷にご注意下さい!)
 見て下さい!この透き通った光り輝く黄金の出汁を!これぞ黄金のタレ!焼肉~!
 そこにアロマオイルも加えてみました。多種類な香りが市販で売られています。皆様で試してみて下さい!

変換 ~ DSCN0061.jpg


4.常温で放置して熱が冷めてから冷蔵庫で冷やしてみました。見た目はマンゴープリン、
またはアイスクリームと間違えて食べてしまいそうです。

変換 ~ DSCN0085.jpg

5.タッパ容器の蓋に当社フォレストスタジオのロゴマークを入れたラベルを貼って蜜蝋ワックスの完成です。
 思ったよりも簡単にできました。

変換 ~ DSCN0087.jpg



変換 ~ DSCN0091.jpg

蜜蝋ワックスを塗るにはウエス、またはスポンジを使った方が塗りやすい様に思います。
少量のワックスをとって薄く塗り延ばす感じで塗ります。

変換 ~ DSCN0090.jpg

無塗装の無垢のフローリングです。この状態でも自然な感じで温かい印象を与えます。
これを自社作成の蜜蝋ワックスで塗ってみます。

変換 ~ DSCN0092.jpg

蜜蝋ワックスを塗り終わった状態です。フローリングには赤身と白身の部分があります。
塗った時点では白身の部分は色が付きにくいのですが日光の陽を浴びて色が出てきます。
液体タイプと違い浸透するのが早いので塗り終わってその場を跨いでも問題ありません。
半日~1日は乾かせば心配ありません。
ワックスの効果は場所にも寄りますが1年~2年。キッチン、水回りなら半年~1年を目途に塗る事をお進めします。

ご自宅が無垢のフローリングでしたらこの機会に作ってワックスを塗ってみませんか?

フォレストスタジオでは「フォレストスタジオのココ暖 蜜蝋ワックス」 非売品 無垢フローリングを使った
リフォームを施工契約いただいたお客様にはプレゼントの予定です。

無垢フローリングを使った、新潟の家を暖かく変える!「ココ暖」リフォームのご用命は、フォレストスタジオへお問い合わせ下さい。

燕三条で自然素材のココ暖リフォームならフォレストスタジオへ

お役立ち情報


フォレストスタジオについて

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ