住宅の耐震補強工事について 費用は? 方法は?

飯塚 幸博
  • 投稿日:2018年 7月 3日
  • テーマ:飯塚 幸博
  • 投稿者:飯塚 幸博

お世話様です、フォレストスタジオのユキさんです。

前回、耐震基準は年代(昭和56年=1981年)が目安になることをお伝えしましたが、今回は実際に耐震補強工事をどうやったら良いのかについてまとめたいと思います。


◆ 耐震補強のフロー図
3-2_01

まずは、補助金を活用して耐震震診断から始めましょう。

住宅耐震補強工事の第一歩は「耐震診断」です。市町村で耐震診断の補助金制度などを実施しているところが多いので、上手に活用するのも良いと思います。

例えば、新潟県三条市の耐震診断の補助金制度「木造住宅耐震診断費補助金交付事業」についてはコチラ

三条市では、耐震診断費用9万3千円のうち8万3千円を補助してくれますので、実費1万円の自己負担で行えます(高齢者は無料)。診断士が決まっていない方は、建築士会から診断士を派遣してくれます。ただし、これはあくまで耐震性が現在の耐震基準に比べてどの程度不足しているかを診断するだけになります。


耐震設計とその費用

1981年(昭和56年)以前の建物については、ほとんど適合していないと思われますので、診断に基づいて何処をどのように補強すれば良いか?という「耐震補強設計」(補強案の検討)が必要です。

費用は木造住宅1棟あたり、30万円程度のようです。(東京都耐震ポータルサイトより)
耐震診断をしてくれた設計士(診断士)さんにそのままお願いするのが自然な流れかも知れませんし、耐震補強の出来る業者さん、リフォーム屋さんに頼む方もおられると思います。

何故なら、リフォームを行う際に同時に実施するのが効率的だからです。1981年から35年が経過していますので、家全体の老朽化している時期と思います。屋根、外壁の張替えや、部屋の配置換え、内装工事・・・様々なリフォームが必要な時期と合致しますので、その際に一緒に耐震補強工事をすることが費用面でも、施工面でも効率的です。



耐震補強する費用と補強方法

こちらも東京都の耐震ポータルサイトに費用が載っていました。

改修費用 (木造住宅1棟当たり) 150万円/棟~200万円/棟
※在来工法(構造用合板や筋かいによる補強)で標準的な評点差の場合(補強前0.5程度~補強後1.0程度)。

とのことです。市町村のよっては、耐震化に要する費用の一部について、助成金が出る場合がありますので、事前に区市町村の窓口にご相談されるのが良いと思います。ちなみに新潟県三条市の木造住宅耐震改修費補助金交付事業を活用すると、最大50万円の補補助金が出るようです。


●基礎の補強
kiso
基礎の補強 家全体をジャッキなどで持ち上げ、基礎を新しく造るような大がかりなものから、鉄筋の入っていない「無筋」の基礎に、あと施工アンカーを打設して、コンクリートを「増打ち」するなどで補強します。


●接合部の補強
hari dodai
ボルトや接合金物で固定します。金物でなく炭素繊維シートというものを貼り付けて結合する方法などもあります。


●壁の補強
sujikai

耐力壁(たいりょくへき)を増やします。耐力壁とは壁の筋交いや構造用合板が貼ってある壁のことです。室内側だけ解体して耐震ボードを貼る方法もあります。補強でなく「免震」装置を入れて制御するような方法もあります。
ただし、耐力壁を配置するバランスも考慮しないとイケません。住宅の重心を割り出す必要があります。構造に長けた建築士さんに相談して専門のソフトなどで計算しないと、適当に無意味な場所に耐力壁にならないような壁を造っているようなリフォームも見受けられます。


●屋根の軽量化
yane

瓦などを載せた重い屋根は軽量な金属や、樹脂製の軽量瓦などに葺き替え軽量化します。意匠・デザインや趣などから考えると少し寂しい気がしますね。瓦だけが原因と言う訳ではないという調査結果も出ているようですし、「防災瓦」という従来より軽い瓦も開発販売されています。

いずれにせよ、重要な注意点としては、専門家に工事監理をしてもらいましょう!
設計図上では耐震性が確保されていても、実際の改修工事が設計どおりに行われなければ建物の安全性は向上しません。設計図どおりに改修工事が行われているかどうかチェックしてもらうため通常、工事金額の5%~10%程度かかりますが、耐震設計した建築士に工事監理をしてもらうのがベストと思います。現代風に言えば、「第三者の厳しい目」ってことですね。

最後に国土交通省住宅局監修 日本建築防災協会の「誰でもできる わが家の耐震診断」というサイトをご紹介します。簡単な質問に答えていくと耐震診断が必要かどうかが簡単にわかります。

基本的には1981年(昭和56年)以前の住宅は、何かしらの耐震補強が必要であると思っていただければ良いと思います。

最初にお伝えしたように、リフォームを行う際に同時に実施するのが効率的です。

リフォームと一緒に、ぜひ耐震についても、フォレストスタジオにご相談ください。耐震で大切な生命と財産を守りましょう。

006

お役立ち情報


フォレストスタジオについて

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ