「上手なカビの育て方?!」お宅でカビを育てていませんか?

飯塚 幸博
  • 投稿日:2017年 12月13日
  • テーマ:飯塚 幸博
  • 投稿者:飯塚 幸博

お世話様です、フォレストスタジオのユキさんです。

先回は「寒冷地エアコン」の性能が上り、売れています!と言うお話をさせていただきましたが、高断熱高気密住宅の冷暖房、特に雪国の「暖房」もエアコンでするのが良いと言うことをお伝えさせていただきました。

これは「カビ」の原因である「水分(湿気)」対策におおいに関係します。

断熱リフォームをさせていただいたお客様から「押し入れにカビが・・・」と言うお話をいただきました。4畳ほどのウォークインクローゼットなので、熱交換式の換気扇を設置してありましたが、残念ながら使ってもらっていなかったそうです・・・そのカビの原因は、ズバリ「水分(湿気)」です。 原因と対策をお伝えします。

◆カビって何?
まずは、カビって何? どうして発生するの?・・・ですが、カビとは、いつも空気中に漂っている「真菌」が、物質(押入れの壁であれば、壁紙や木材など)に付着し、適当な水分や温度条件が揃うと出芽し始め、菌糸を伸ばして生育し始めます。これがいわゆる「カビ」です。

kabi_2

カビが生育するには4つの条件が必要です。
1.適度な温度があること。(10~35℃前後)
2.栄養分があること。(有機物でホコリ、チリ、垢なども栄養素となる)
3.水分がある。(湿気)
4.酸素があること。(呼吸、発酵に必要)

紫外線には弱く、日光が当たる場所には生育できません。


◆対策は室内の水分(湿気)調整! まずは湿度計を用意しましょう。
1~4(温度・栄養分・酸素)については、なかなかコントロールできませんので、結論としては「3.水分(湿気)」を調整することが最大にして唯一の対策となります。

「湯気」や「結露」など水滴にならないと目には見えにくいのが湿気。
まずは湿度計をご用意いただき、湿度を目で確認することから始めましょう。

室内で快適な湿度は40~60%とされています。 

逆に、カビの生育に適した湿度は70~99%の状態がもっとも良いそうです。

あれ?!なんだか「上手なカビの育て方」のレクチャーになってしまいましたね。(笑) 逆に言えば、その条件を絶ってあげれば、カビは生育できないのです。

ondo_situdo


◆水分(湿度)を発生させている原因
では、部屋の水分(湿度)過多について考えられる主な原因は何でしょう?下記のようなものがあります。

●工事中の木材や壁紙を貼る時の糊、土間コンクリートなど
木材は基本的に乾燥した材木を使用していますが、木材はもともと吸湿性が高い性質がありますので、部屋に充満した水分(湿気)を吸い込みやすい素材です。
新築やリフォームで壁紙を貼る為の糊に多くの水を使います。
床下の土間コンクリートなども1年くらいは水分が抜け切らない状況と思います。
工事後、数ヶ月間は、普段以上に換気してあげる必要があります。

●暖房器具(石油ファンヒーターや、ガス暖房器具)
「FF式」という言葉を聞いたことがありませんか?FF式(密閉式・強制給排気形)同時に吸気・排気をします。簡単に言いますと煙突をイメージしてください。それに対して「開放式」と呼ばれるものが一般的で、旧来の石油ファンヒーターや、石油ストーブ、ガス暖房器などがあります。
1リットルの石油を燃やすと、1リットルの水分が発生すると言われています。FF式であればその水分や汚れた空気は外に出ますが、開放式では全て家の中に篭ったままです。

●キッチン
料理中の水分料理をした時、約1.5リットル(朝食460cc、昼食159cc、夕食946cc)
お湯を沸かした時の水蒸気...約1.8リットル(1時間沸騰させた場合)

●洗濯物
室内に干された洗濯物など、約1.5リットル(4人家族)
洗濯機を回すだけでも湿度は上昇するそうです。約0.5リットル(4人家族)

●人間
驚くべき原因、それは人間。呼吸や発汗などで絶えず人間から放出される水分は、室温25度の部屋に1時間じっとしているだけで、57ccにものぼるそうです。 家族4人が居間で普通に1時間過ごすだけで、およそ2リットルもの水分が、空気中に放出されることになります。


◆解決策は水分(湿気)を大量に出す原因をやめ、換気と対流。
室内の湿度を40~60%に保てば、カビの発生を抑えられ、人間も健康で快適な生活が送れます。

解決策1 大量に水分(湿気)を出すものをやめる。
やめると言っても寒い冬に暖房なしで暮らせる訳はありませんので、水分(湿気)を室内に排出しないFF式の暖房器具か、エアコンを使いましょう。

解決策2 24時間 換気扇を回しましょう。
現在の新築では換気計画をする義務があります。基本的に24時間換気です。吸気口の取付と換気扇を24時間回して部屋の空気を入替えます。断熱リフォームをする場合、必ず換気扇について説明させていただきますが、なかなかご理解いただけないことが多いのが残念です。

古いお宅でも浴室(洗面脱衣室)とキッチンとトイレくらいには換気扇をつけていると思います。小さな換気扇の電気料金など微々たるものです。せいぜい月に100円、200円でしょう。 ぜひ恐れずに24時間 換気扇を回してください。

え?寒い?・・・なので、私どもは「熱交換式」の換気扇を推奨しています。
これは部屋の中の熱を外になるべく排出せずに新鮮な空気を出し入れする換気扇です。驚くほど高価なものでなく、6畳用など小さいものもありますのでぜひお取り付けをオススメします。
熱交換式の換気扇についてはコチラをご覧ください。

対策3 空気を動かしましょう。
空気が滞留しているより、動いてる方が良いです。サーキュレーターや扇風機を活用してください。
ちなみに、洗濯物も扇風機を当てるとすごくよく乾きますよ。お試しください。

対策4 除湿機と、お掃除。
それでもダメなら、いよいよ除湿機と言う順番かと思います。永続的な排水の手間など考えると大変ですし、抜本的な解決策から一番遠い考え方だと思います。カビの栄養分を絶つと言う意味で小まめにお掃除したり、布団などを天日干しされるのは有効と思います。

◆まとめ
新築はもちろん、断熱リフォームの際には、エアコンかFF式、輻射式の暖房器具をお使いください。
なるべく、熱交換式の換気扇を付けさせて下さい。普通の換気扇でも良いですが、取り付けた換気扇は勿体ながらずに24時間動かしてください。

カビなどのご相談の場合は、必ず湿度計を持っていくようにしています。測ってみるとほぼ湿度は70~80%以上になっています。

石油ファンヒーターか、ストーブを使っていて、取り付けた換気扇を回していない場合がほとんどです。お願いします、エアコン+サーキューレーター そして、熱交換式の24時間換気扇を使ってください。

菌としてのカビの寿命はそう長くないと言われています。 生育出来なければ、空気中の菌もいずれ死滅していきます。水分(湿気)を絶って、カビ菌が育てない環境になれば、その後は心配ないようです。

安心して下さい! カビは水分(湿気)調整で解決できますよ!(とにかく明るいなんとか・・・)

free_shindan

家の寒さを診断する「ココ暖 診断」と同じように、新潟 でカビなどでお困りのご相談もフォレストスタジオで承ります。

まずはご相談ください。

006


寒冷地エアコンが売れています!雪国の冬をエアコンだけで過ごす。

飯塚 幸博
  • 投稿日:2017年 10月12日
  • テーマ:飯塚 幸博
  • 投稿者:飯塚 幸博

お世話様です、フォレストスタジオのユキさんです。

今年は、夏から秋へ移行が早かったですね。もう朝晩は涼しいを通り越して寒いくらいの新潟です。そろそろ、暖房器具を準備したお宅もあるかと思います。

新潟の暖房器具と言えば、「石油ファンヒーター」や「ガス暖房器具」「こたつ」「ホットカーペット」でしょうか。
薪ストーブや床暖房、蓄熱、温水を使った暖房に憧れる方も多いと思います。

ただ今は、高断熱・高気密のお家が増え、私達も「ココ暖」と言う「リフォームは表面だけを綺麗にするだけでなく、断熱性能を高める「断熱リフォーム」も一緒にして快適に暮らしましょう!」とご提案しているように、高断熱・高気密の住宅が増えています。

高断熱・高気密になればなるほど、すればするほど、小さなエネルギーで効率よく冷暖房が出来ますが、そのかわりに、きちんと計画換気しないと、汚れた空気や湿気が健康被害や結露の原因になります。

計画換気と、湿気が室内に発生しない冷暖房機器が必要になります。私が最も適した暖房器具はズバリ!!「エアコン」だと思います。

◆冬あたたかい、寒冷地エアコンが売れています!

img-nocria-gn.jpg

最近、テレビCMで「寒冷地エアコン」という言葉を耳にしませんか?真冬に氷点下になる寒冷地では、外気の温度を高めて室内に送り込むエアコンは暖房器具に適さないとみられてきましたが、北海道などの寒冷地仕様のエアコンが売れ始めたそうです。
各社が競うように「暖房能力、効率」に特化したエアコンを発売。今年度はパナソニックで前年度比2倍、三菱電機も5割増のペースで販売が推移しているそうです。

◆各メーカーの寒冷地エアコン サイト一覧

三菱電機 ズバ暖

ダイキン スゴ暖

日立 メガ暖 しろくまくん

パナソニックの寒冷地エアコン スペシャルサイト



◆エアコンだけで暖房? 電気代は大丈夫? 足元が冷たくない?
この寒さ厳しい雪国で「エアコンだけで暖房?」と聞いて、まず電気代が沢山かかるでしょ? それに足元が暖かくないじゃん!と言う疑問を持たれる方が多いと思います。
確かにかつては、住宅の断熱性や気密性が低く、エアコンの暖房性能も十分ではなかったため、「電気代ばかりかかる。寒冷地には不向き」と評価されていました。
ところが、新たな市場開拓を目指して各社が寒冷地仕様の技術開発を強化した結果、国内メーカーの寒冷地エアコンは20年前の半分程度の消費電力で、外気温がマイナス20度でも50度以上の温風が出せるまで性能が向上した。さらにセンサーで人の居場所を判断して送風したり、体の手足の温度を測ってピンポイントに暖めたりする機能まで登場し、寒冷地で評価されているそうです。

エアコンの仕組み.jpg

エアコンの暖房は外気から取り込んだ熱を圧縮して温度を高めて室内に送る仕組みです。(図2参照)
なので、外気の気温が低いほど効率が下がる欠点があります。
また、寒冷地では室外機に付着した霜を取るため暖房を止める必要もあり、メーカー各社でさえ「確かに昔のエアコン暖房は寒冷地では使えなかった」と認めていました。
このため寒冷地の暖房はストーブや夜間電力を使った蓄熱暖房、温水式のセントラルヒーティングなどが存在感を示し、壁や床にも温度が伝わる「じんわりとした暖かさ」が主力になっていたのです。

◆効率で考えてみよう。石油ファンヒーターなどの効率は最高でも100%(実際にはありえませんが)・・・でもエアコンは200%!凄くないですか?! 使う燃料より倍の力に変えられるんですよ!
人間にとっては、冬の外は寒いと感じますが、機械の世界(熱力学)では熱エネルギーが全くないとされる気温(絶対零度)は「−273.15 ℃」。それから考えれば、そこら中に熱エネルギーが有り余っています。しかも無料(タダ)!

dc8cd168-s.jpg


エアコンの性能表をみてみましょう。(写真1 参照)

暖房標準電力「950W」の電気で、暖房標準能力「5000W」の熱が作り出せると書いてあります。
なんで?! 魔法の機械ですね。
これは魔法でなく、いわゆる「室外機」=ヒートポンプに秘密があります。

「電気ヒーター」と比べてみるとわかりやすいかもしれません。(図3参照)

図3.jpg

電気ヒーターと同じように、石油ファンヒーターやストーブも効率は最高でも100%が限界ですが、エアコンは外の空気熱を取り込むことによって、使う電気の500%(5倍)以上の熱が作り出せるのです。

ただ、電気を発電所で作るには石油などの燃料(1次エネルギー)が必要ですが、それを考慮しても200%(2倍)の高効率。


◆エアコンの暖房は足元が寒い!? 風量アップやセンサーでピンポイント暖房で解決!

7796641a-s.jpg

暖かい空気は上にあがりますので、足元の方の温度が低いの自然の原理ですが、部屋の温度を均一にすることが命題となります。
それを設定温度を上げて熱量を増してカバーするにはより多くの電気が必要になります。「寒冷地エアコン」では、「50℃以上の温風が出せます!」という謳い文句もありますが、実はそれよりも効率的な方法があります。

「風量を増す」、「風向を広げる」、「人の居る場所をセンサーで感知して、ピンポイントで温める」というような方法がより少ないエネルギーで暖かいと感じられるのです。

4d313787-s.jpg


11c3810b-s.jpg


しかも、汚れた排気を室内に排出することもなく、夏場と冬場の一台二役です。家庭用なので、お値段もお手頃価格! 家電ですから設計寿命は10年くらいでしょう。その頃に取替えを考えないといけないかも知れませんが、本体、交換費用共に安い部類と思います。

それでも「寒冷地エアコン」だけでは、さすがに厳しい・・・新潟の冬。
「高断熱・高気密化」とセットに考えないといけません。

結論としましては、「寒冷地エアコンと、断熱リフォームはセットで考えましょう!」 

新築なら当然、高断熱高気密で建てるべきですが、今住んでる家を断熱リフォームするなら「ココ暖」です。

新潟の冬を暖かく変える!! 「ココ暖のフォレストスタジオ」にお任せください!!

hd_title_pc.png

top_hajimeni_btn_pc.png



続・蜜蝋ワックスの作り方

小海 誠
  • 投稿日:2017年 8月18日
  • テーマ:小海 誠
  • 投稿者:小海 誠

お世話様です。リフォーム事業部の小海です。猛暑にクタクタ、豪雨にヒヤヒヤ、皆様体調はいかがでしょうか?
夏の暑さもまだ残る時期、共に乗越えていきましょう~。 
今回は以前我社のユキさんが作成しました蜜蝋ワックス。無垢フローリングを使ったリフォームも数件いただきまして自社作成の蜜蝋ワックスも残り少なくなりました。
今回は小海がほんの少しですが改良?(試作ですが...)作ってみました。

変換 ~ DSCN0052.jpg

揃えるもの
1.蜜蝋ビーズ(ビーズ状になった物が溶けやすく簡単に作れそうです。)
 精製されていない黄色い物。今回は220ℊ。(以前は180ℊ)
 
2.荏胡麻(えごま)油 1.8ℓ

3.雪平鍋(2ℓ入る物)

4.タッパ (プラ製 フタ有り)

5.お玉 (以前はお玉が無く溢したそうで...)

6.アロマオイル(無くても結構ですが香り付けを楽しみたい方はどうぞ!)


作り方
1.鍋に荏胡麻油1.8ℓを入れコンロで温める。(中火で6分くらいで熱くなりました。)

変換 ~ DSCN0058.jpg

2.温めた鍋に蜜蝋ビーズを220gを注ぐ。
 以前は180ℊでした。室内温度が高い部屋、車内ですとトロトロになりまして...。今回は濃度を増してみました。
 火元、火傷には注意して下さい。(自己責任でお願いいたします。)

変換 ~ DSCN0059.jpg

3.蜜蝋ビーズが溶け始めこれからタッパに流します。
 お玉で掬い溢さずタッパに注入します。(火傷にご注意下さい!)
 見て下さい!この透き通った光り輝く黄金の出汁を!これぞ黄金のタレ!焼肉~!
 そこにアロマオイルも加えてみました。多種類な香りが市販で売られています。皆様で試してみて下さい!

変換 ~ DSCN0061.jpg


4.常温で放置して熱が冷めてから冷蔵庫で冷やしてみました。見た目はマンゴープリン、
またはアイスクリームと間違えて食べてしまいそうです。

変換 ~ DSCN0085.jpg

5.タッパ容器の蓋に当社フォレストスタジオのロゴマークを入れたラベルを貼って蜜蝋ワックスの完成です。
 思ったよりも簡単にできました。

変換 ~ DSCN0087.jpg



変換 ~ DSCN0091.jpg

蜜蝋ワックスを塗るにはウエス、またはスポンジを使った方が塗りやすい様に思います。
少量のワックスをとって薄く塗り延ばす感じで塗ります。

変換 ~ DSCN0090.jpg

無塗装の無垢のフローリングです。この状態でも自然な感じで温かい印象を与えます。
これを自社作成の蜜蝋ワックスで塗ってみます。

変換 ~ DSCN0092.jpg

蜜蝋ワックスを塗り終わった状態です。フローリングには赤身と白身の部分があります。
塗った時点では白身の部分は色が付きにくいのですが日光の陽を浴びて色が出てきます。
液体タイプと違い浸透するのが早いので塗り終わってその場を跨いでも問題ありません。
半日~1日は乾かせば心配ありません。
ワックスの効果は場所にも寄りますが1年~2年。キッチン、水回りなら半年~1年を目途に塗る事をお進めします。

ご自宅が無垢のフローリングでしたらこの機会に作ってワックスを塗ってみませんか?

フォレストスタジオでは「フォレストスタジオのココ暖 蜜蝋ワックス」 非売品 無垢フローリングを使った
リフォームを施工契約いただいたお客様にはプレゼントの予定です。

無垢フローリングを使った、新潟の家を暖かく変える!「ココ暖」リフォームのご用命は、フォレストスタジオへお問い合わせ下さい。

燕三条で自然素材のココ暖リフォームならフォレストスタジオへ

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お役立ち情報


フォレストスタジオについて

三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ
採用情報