3.木工事 寒い寝室をココ暖リフォーム!

  • 3-1 【床断熱】

  • 201804-ssama-chu09.jpg
  • 既存のフローリングの上に、高性能断熱材「スタイロエース」を増し貼りします。

  • 3-2【床下地】

  • 201804-ssama-chu10.jpg
  • 増し貼りした断熱材の上に、床下地合板を貼ります。現在は、ほとんどが「下地合板+フローリング」の2重貼りです。

  • 3-3【天井下地】

  • 201804-ssama-chu27.jpg
  • 天井にも、高性能断熱材「パーフェクトバリア」を2重に敷き込み、気密シートを張り、下地石膏ボードを貼ります。室内の湿気が天井内に侵入しないためです。

  • 3-4 【床気流止め】

  • 201804-ssama-chu24.jpg
  • 床下から冷気が壁内に入ってくるのを防ぐため、「気流止め」を施します。このひと手間が大きな違いになります。

  • 3-5【天井気流止め】

  • 201804-ssama-chu25.jpg
  • 同様に、壁内の温まった空気が天井に逃げないように、「気流止め」をします。

  • 3-6【壁断熱材】

  • 201804-ssama-chu26.jpg
  • 高性能断熱材「パーフェクトバリア」を壁に充填します。この施工で重要なポイントがあるんです。

  • 3-7【気密シート施工】

  • 201804-ssama-chu12.jpg
  • 壁に充填した「パーフェクトバリア」は、湿気が入ってもカビが発生しない高性能断熱材ですが、気密シートも施工します。

  • 3-8【石膏ボード貼り】

  • 201804-ssama-chu29.jpg
  • クロス下地の石膏ボードを貼ります。

  • 3-9【段差見切り】

  • 201804-ssama-chu14.jpg
  • 既存の床の上に、「断熱材+下地材+仕上げフローリング」と増し貼りしたので、サッシレール際の段差見切りは、敷居でおさめます。

  • 3-10【フローリング増貼り】

  • 201804-ssama-chu13.jpg
  • 高性能断熱座スタイロエース+合板で下地を作ったら、仕上げ材のフローリングを施工します。WPC仕上げなので傷にも強いです。

  • 3-11【収納内部の断熱施工】

  • 201804-ssama-chu15.jpg
  • 断熱材の厚みが取れない場合は、床と同じようにスタイロエースで断熱します。内部の結露防止になります。

  • 3-12【窓台下の断熱】

  • 201804-ssama-chu23.JPG
  • 窓台下の断熱施工です。見落としがちですが、ここからも熱はどんどん逃げていきます。

  • 3-13【収納内部】

  • 201804-ssama-chu37.jpg
  • 今までの押入→収納に変更します。もちろん収納内部の断熱施工は欠かしません。(3-11を参照してください)

  • 3-14【樹脂内窓の取付】

  • 201804-ssama-chu43.jpg
  • 単板ガラス(一枚ガラス)のサッシに樹脂内窓を取り付けます。樹脂内窓があると、断熱・防音の効果がります。


木工事 動画

木工事 動画その1

 無断熱だった床下に、高性能断熱材スタイロエースを敷き込み、床下地合板を施工しています。
 今は下地合板+仕上げフローリングの2重貼りが一般的です。




三条 リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから
三条 はじめにお読みください 三条のリフォームならフォレストスタジオ
フォレストスタジオ 三条

三条 フォレストスタジオ

フォレストスタジオ 三条
  • フォレストスタジオ 三条 お電話はこちらから
  • リフォームを三条でするならフォレストスタジオにお任せください お電話はこちらから 三条 フォレストスタジオ